2017年7月9日日曜日

7/9(10)「ボリショイ・オペラ歌劇『カテリーナ・イズマイロヴァ』/ヨーヨー・ママリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団交響詩『ドン・キホーテ』」放送

こんにちは。千葉です。
お暑い中、水分と塩分の補給にはやっぱりそうめんでしょうかね…(安上がり)

それはさておき、今晩24時からのNHK BS「プレミアムシアター」はショスタコーヴィチですよ!やったあ!(暑くて素が丸出し)

●ボリショイ・オペラ歌劇『カテリーナ・イズマイロヴァ』/ヨーヨー・ママリス・ヤンソンス指揮 バイエルン放送交響楽団交響詩『ドン・キホーテ』

前半がこれですよ!!


ショスタコーヴィチの初期の集大成で代表作、そして彼の、というよりソヴィエトのアヴァンギャルド時代の終わりの始まり、「ムツェンスク郡のマクベス夫人」は比較的数多くの録音、映像に恵まれていますけれど、その作品を改作した「カテリーナ・イズマイロヴァ」がきちんと収録されることはそう多くない。日本語字幕付きともなればなおのこと。
それが全国放送されるだけでも十分にありがたいものなのに、上演したのがトゥガン・ソヒエフ指揮ボリショイオペラときましたよ皆さま。ゆめゆめお見逃しなきよう、おすすめ奉る次第にございます。2016年11月の上演です。

後半にはマリス・ヤンソンスとバイエルン放送交響楽団の演奏会から、ヨーヨー・マを迎えての「ドン・キホーテ」も放送されます。前半の気に障るドラマ(語弊はありますがこう言うしかない、と思うんですよ)との好対照、お楽しみあれ。

なおですね、「ムツェンスク郡のマクベス夫人」の原作となったレスコフの小説はかつて入手困難でしたけれど、いまは青空文庫でも読めます。そう長くはないけれど実に重たい物語、ぜひ小説でもお楽しみくださいませ。サービスによってはレスコフ名義ではなく訳者の「神西清」で括られているものもありますので、そこはご注意のほど。

ではご案内はこのあたりで(暑さで参ってきました)、ではまた。

1 件のコメント:

  1. こんばんは。御邪魔します。何時ぞや、ごちゃごちゃしたコメントを書き込んだものです。

    こんなあっさり番組紹介だけで終わってしまって、良いんですが?明日か明後日にはオケが四国から戻り、ノット監督が来日して、まずは定期演奏会に向けて細川・マーラーの練習が始まるはず。その後のフェスタサマーミューザ オープニングコンサートに向けて、気分を盛り上げていきませんか?

    私も7/15(土)の定期演奏会と、7/22(土) フェスタサマーミューザ オープニングコンサートのチケットを購入し、今から楽しみにしております。

    返信削除