2017年4月25日火曜日

書きました:上岡敏之&新日本フィル 新シーズンプログラム発表記者会見

こんにちは。千葉です。
寄稿した記事のご案内です。

●上岡敏之を音楽監督に迎え、進化を続ける新日本フィルの新シーズン。「映画で言えばハリウッドではなくヨーロッパのそれ」

上岡敏之の音は、かつてヴッパータール交響楽団と来日した際に触れて、驚愕した覚えがあります。複雑な音楽でも声部が迷子になることはないやたらに目の詰んだアンサンブルと、時折見せる個性的なデフォルメが高い精度で共存する演奏に、とにかくまず驚いた。いくつかのレコーディングは長い演奏時間や特徴的な表現を売り文句としていたけれど、私には大きい驚きを伴うものではあるけれど妥当な演奏に思えたものだから正直なところそういった告知との乖離が気になっておりました。私にとって、彼は個性が明確に音楽に現れる、しかしまっとうな音楽家という認識でした。ドイツでオペラハウスを切り盛りできるだけの度量があり、ピアニストとしても活躍できる腕前を持つ、ある意味で日本人離れした音楽家。そんな受け取り方をしていました。

そんなマエストロが新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督になる、と知ったときは驚いたものです、意外でした。とはいえ新日本フィルハーモニー交響楽団は長くシェフ不在で苦労されていましたから、新しい音楽監督を迎えられることは聴き手としても喜ばしいことでした。それは昨年の就任&今シーズンの記者会見の模様を見ていただければご理解いただけましょう。一時間に及ぶ長尺なのでお時間のある方は、ということにはなりますが、ぜひこちらの動画でその就任発表の会見をどうぞ。安堵感が非常に強かったことをよく憶えています。



そして半年後のコメントがこちら。短いですし、上岡さんの語りの雰囲気を知りたい方はこちらをぜひご覧くださいませ。3月の定期演奏会を前にしたコメントです。12月定期で演奏された、プロコフィエフの交響曲第五番が流れる映像は、その演奏を聴くためだけにでも見ていただきたいです。



その定期の直前に行われた「すみだ平和祈念コンサート2017」については記事中でも少し触れましたが、その直前のリハーサルについてはこちらの記事をどうぞ。下の方に割と詳しいレポートを書いていますので。

公開リハーサルに申し込んだきっかけがこの動画なんですよね、実は。昨年12月の時点でこれだけの音を出していたのか、と感じたものですから、早く聴く機会を作らなければ、と思いまして。この会見に伺ったことで、そのとき感じたこと(記事参照くださいね)を、会見の後に直接崔文洙さんにお伝えすることも出来て、この会見は仕事としてレポートをお出してきたことももちろんですが、一人の受け手として嬉しいことでした。

そしてこの記事を書いていたら、新日本フィルハーモニー交響楽団のYouTubeチャンネルに会見動画の抜粋がアップされました。ぜひ!



****************

記事が長すぎるといくらなんでも読んでもらえないかな、という気持ちもあって記事中ではほぼプログラム読み職人としての文章を書いていません。なんということでしょう!
なのでここで少し書いておきますね。もちろん記事タイトルにも選ばれた、映画になぞらえた「ハリウッドではなくヨーロッパのそれ」という評で十分かな、という判断もあるのですが、一応私観点ってのも、ね?(必死)

とは言いながら、この記事も既に長いのでいくつかのトピックとして、箇条書きで注目のポイントを書き出しておきますね。詳しいスケジュールは新日本フィルハーモニー交響楽団のサイトでご覧くださいませ。

・モーツァルトからバルトークまで、幅広い時代の作品を取り上げる上岡音楽監督。”ニューイヤーコンサート”の捻り方が絶妙!
・リクエストコンサートは新シーズンも実施。選ばれなかったリクエストも選曲の参考にするので、是非ご応募ください、とのこと
・シュテンツ、鈴木雅明、エリシュカ、タン・ドゥン…客演指揮者陣も実力派揃い。でも個人的に注目なのは、「エッフェル塔の花嫁花婿」を演奏する(!!!)デニス・ラッセル・デイヴィス
・横浜定期の「サファイア」はマーラー、ブルックナーを軸としたシリーズにしていく予定だそうです!(今年もその二人とツェムリンスキーなので筋は通ってます)

****************

質疑の中で「ルビーはアフタヌーン・コンサートなのにガチの選曲ですね!」(大意)と問われて「”子どものためのコンサート”もそうなんですが、あらかじめそういう狙いをもって手加減したようなプログラムでは見向きもしてくれない。有名な名曲ではないけれど、それに劣らない作品をお示ししたい」(大意)といったお話があったのが非常に印象に残りました。
上岡と新日本フィルは変化を恐れていないし実際に変わってきた、その先がとても楽しみだ。そう感じたものが記事に出せていれば幸いです、過程を楽しめるのは同時代者の特権ですから、今のうちに多くの方が彼らの演奏に触れてくださいますように。

そうそう、この記事を書いている間に知ったことをもう一つ。6月のクラシック音楽館で、来シーズンからは「サファイア」になる横浜みなとみらいホール 特別演奏会が放送されます。…もっとも、このプログラムはこれから初台の東京オペラシティコンサートホール(5/11)横浜みなとみらいホール(5/12)で披露されるものですから、近くば寄って音にお聴きくださいませ。公共放送様の録音技術が如何に高かろうとも、実演以上にはなりにくいものですから(註・席によっては、という保留はしておきますね)。

では記事の紹介の体を取った長ったらしいおまけはここまで。ごきげんよう。


2017年4月24日月曜日

書きました:ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団「名曲全集」第126回レヴュー

こんにちは。千葉です。
伺ってきた公演のレヴュー、公開されました。

●ミューザ川崎シンフォニーホールと東京交響楽団による「名曲全集」の新シーズンが4月16日に開幕

ミューザ川崎シンフォニーホール開館以来続くシリーズ「名曲全集」は今シーズンも興味深いプログラムが揃って、ほぼ月一回のペースで10回が開催されます。その初回は夭逝した作曲家たちの作品によるコンサート、指揮は尾高忠明でした。
この日の演奏の特長を一言にまとめるなら、仕上げの美しさということになるでしょう。挑発的にならないところは美点でありますが、個人的にはもう少し攻撃してくれてもいいわよ、とか思わなくもなかったりしますから好みとはなんとも難しいものです。とはいえ、この感触は私がふだん聴いているシューベルトがブリュッヘンだったりアーノンクールだったり、インマゼールだったりすることからくる感想です、ということは申し添えておきますね。記事にも書きましたとおり、この日の演奏は”ウィーン風”のそれ、だと認識しておりますので、妥当なものだと受け取った上での好みのお話でした。

モーツァルトとシューベルトの”ウィーン風”の外枠に挟まれたのは尾高忠明の父君、尾高尚忠のフルート協奏曲でした(今回演奏されたオリジナル版のOp.30aは、小協奏曲と表記して後に通常のオーケストラ編成にしたOp.30bと区別する場合があります。Op.30bは作曲者生前には完成せず、林光が補筆完成させています)。
ソリストは高木綾子さん、とここでいきなり敬称がつくのは、私の紹介よりも先に本稿をご紹介いただいてしまったからです。恐縮であります(笑)。


比較的知られざる作品を、自在な演奏で楽しませてくれたことにいま一度拍手させていただきます。

****************

記事に入れると少し本筋からそれるか、と思って割愛した部分を書き直してここでご紹介します。
ミューザ川崎シンフォニーホールという会場を賞賛することではサー・サイモン・ラトルにもマリス・ヤンソンスにも負けないつもりの私ですが(主観です)、この日もまた新たにした思いがありました。それは「協奏曲を聴くならミューザがいいな」というもの。それも、ピアノのようには音量でオケと対峙できない楽器のそれは、ここでしかこうは聴けませんよね、という。室内楽的な合わせの部分でも、オーケストラがトゥッティの部分でも、簡単にはソリストを消さないんですこのホール。
もちろん、それはソリスト、指揮者、オーケストラのそれぞれの配慮あって実現する音楽的達成ではありますが、それをある種の譲り合いによらずとも可能としてくれるのはこの会場の素晴らしいところなのです。ソリストを守るために鳴らさないオーケストラに歯痒い思いをすることもないし、音色や表現を損なってまでソリストが大音量に挑む必要もない。
弱音の表現力においてこのホール以上の繊細さを持つ会場はそうはないですから、音楽としての協奏曲を楽しむには最高の場所だよね、ということを途中まで書いて削除したのですが、この日は小編成とはいえその感を強めたものですからここに書き残しておきます。

そんなミューザ川崎シンフォニーホールに多くのソリストも登場するフェスタサマーミューザ2017は如何ですか?とダメ押しをしてご紹介はおしまい。
ではまた、ごきげんよう。


2017年4月23日日曜日

4/30(5/1)「ドキュメンタリー『エルプフィルハーモニー ~ハンブルクの新ランドマーク~』◇エルプフィルハーモニーこけら落とし演奏会/ダニエル・ハーディング パリ管弦楽団音楽監督就任記念演奏会」放送

こんにちは。千葉です。
BSプレミアムシアターの放送予定、4月最後の回は4月30日 24時(5月1日 0時)から約五時間の長丁場、ドキュメンタリーとオーケストラ演奏会二つです。

●ドキュメンタリー『エルプフィルハーモニー ~ハンブルクの新ランドマーク~』/エルプフィルハーモニーこけら落とし演奏会/ダニエル・ハーディング パリ管弦楽団音楽監督就任記念演奏会

前半はドキュメンタリーとコンサートでハンブルクの新ホール、エルプフィルハーモニーを紹介します。…これについては以前紹介記事を書きましたので、よろしければそちらもご参照いただければと存じます。すでにYouTubeで全曲配信されていますがそこはそれ、高画質高音質のBSプレミアムの実力をご覧あれ、です。


開幕式典は前日に行われたこちらです。だから「このホールの音が披露されたコンサート」はこの動画の方になりますが、今回放送されるコンサートは実にチャレンジングなプログラムも素晴らしいものですので、ぜひご覧ください。詳しくは以前の紹介記事をどうぞ。

後半はパリ管弦楽団の音楽監督に就任したダニエル・ハーディングの、最初のコンサートですね。曲はシューマンの「ゲーテの『ファウスト』からの情景」、キャストは以下の面々です。

ファウスト/天使に似た神父/マリアを崇拝する博士:クリスティアン・ゲルハーヘル
グレートヒェン:ハンナ・エリーザベト・ミュラー
メフィストフェレス/悪霊/瞑想の神父:フランツ・ヨーゼフ・ゼーリヒ
マルテ/憂い/罪深い女:マリ・エリクスメン
天使アリエル/法悦の神父:アンドルー・ステープルズ
欠乏/栄光の聖母:ベルナルダ・フィンク
成長した天使:タレク・ナズミ



こちらのコンサートも新しい会場で、オープンは昨年のフィルハーモニー・ド・パリ。詳しくはフランス観光開発機構のページでご覧ください。



****************

このプログラム、全体を通して「永田音響設計マジぱねえっす」ということなんだろうなあ、と思い当たった時に「これらの会場の原型にして最初の完成形(決めつけ)、ミューザ川崎シンフォニーホールをよろしくお願いします!」※とつい書いてしまう私でありました。

※もちろんこれは市民の贔屓目もございますので、ホール名には各自リンク先のお好みのものを代入して読んで下さい(おいおい)

ということで放送のご案内はここまで。ではまた、ごきげんよう。

※放送前ですが追記(4/24)。この番組の前の時間帯、初音ミクだったりアニサマだったりサブカル枠として機能しているように見受けられるのですけれど、この週はなんと『シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽』の編集版が放送されます(フルサイズ版はソフト化して販売されるのでしょう)。もしそこから視聴を続けるとするならまるっと六時間の長丁場。命を賭けよ、と公共放送様は申していらっしゃいます(笑)。
なお放送についてはリンク先をご参照ください。

2017年4月22日土曜日

4/23(24)「マリインスキー・バレエ公演『ジゼル』/ミラノ・スカラ座バレエ公演『恋人たちの庭』」放送

こんにちは。千葉です。
放送予定のご案内、23日 深夜24:00~(24日 未明0:00~)放送のプレミアムシアター、この回はバレエですよ。

●マリインスキー・バレエ公演『ジゼル』/ミラノ・スカラ座バレエ公演『恋人たちの庭』

最初にお詫びしておきます。探してみたけれど今回は適切な動画が見つけられず、特段のご案内ができません。無念。

前半は、サンクトペテルブルクのマリインスキー・バレエによる「ジゼル」です。
…ここで「アラベスク」がまず出てきてしまう私は多くを語りますまい。ご容赦のほど。
なおキャストは以下のとおりです。

ジゼル:ディアナ・ヴィシニョーワ
アルブレヒト:マチュー・ガニオ(パリ・オペラ座バレエ団)
ハンス:イーゴリ・コルプ
ミルタ(精霊ウィリの女王):エカテリーナ・イワンニコワ  ほか

定期的に来日している名門の名作、ということで勉強させていただこうかと(バレエ・リュスの時代になれば音楽からアプローチすることも容易なのですが、なかなかクラシックは難しくて…)。

後半がミラノ・スカラ座バレエ公演『恋人たちの庭』。この見慣れない作品はモーツァルトの作品による新作なのだとか、であれば幻想的な舞台であるらしいことまでしか事前知識なしで見てみようかと。
キャストはこちらです。

女:ニコレッタ・マンニ
男:ロベルト・ボッレ
夜の女王:マルタ・ロマーニャ
ドン・ジョヴァンニ:クラウディオ・コヴィエッロ
レポレッロ:クリスティアン・ファジェッティ
アルマヴィーヴァ伯爵:ミック・ゼーニ
伯爵夫人:エマヌエラ・モンタナーリ
フィガロ:ワルテル・マダウ
スザンナ:アントネッラ・アルバーノ
グリエルモ:ヴァレリオ・ルナデイ
フェランド:アンジェロ・グレコ
フィオルディリージ:ヴィットリア・ヴァレリオ
ドラベルラ:マルタ・ジェラーニ

見慣れない作品といいましたけれど、こうおなじみのメンバーがどう出てくるなら果たして彼ら彼女らは何をするのやら、という感じがしてきますね(笑)。


※放送後にようやく見つけました。こういう舞台です(遅くてすみません…)

以上放送のご案内でした。ではまた、ごきげんよう。

4/23「鈴木雅明のドイツ・オルガン紀行」放送

こんにちは。千葉です。
日曜21時からのクラシック音楽館、4月23日の放送ご案内ですよ。

●<鈴木雅明のドイツ・オルガン紀行>

バッハ・コレギウム・ジャパンの演奏でもおなじみの鈴木雅明による、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのオルガン作品集が地上波でいい時間帯に放送されるというのは、なかなか画期的なことであるように思います。

会場そのものが楽器であるオルガンですからどこで演奏するか、というのも大きいポイントですが、今回は2017年2~3月にドイツ各地の教会を訪れての収録とのことで”楽器”比べも楽しめます。要チェック、です。

なお発表されている曲目は以下のもの。

幻想曲 ト長調 BWV.572
パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV.582
パストラーレ ヘ長調 BWV.590
オルガン小曲集から 前奏曲とフーガ ホ短調 BWV.548 ほか

以上ご案内でした。ではまた、ごきげんよう。

2017年4月19日水曜日

フェスタサマーミューザ2017、プログラム詳細紹介

こんにちは。千葉です。
さて先日の記者会見レポートに続いて、プログラムすべてに言及した記事を書きましたよ!というご案内。

●フェスタサマーミューザ2017―――プログラムを読み解く

先日第一報として記者会見の模様をお伝えした「フェスタサマーミューザ2017」の、全公演を紹介しています。文章の長短は多少あっても全部です。いまはやりきった感があります。はい。

今年は首都圏10団体に加えてPMFオーケストラ、オーケストラ・アンサンブル金沢が参加※することになり、私が以前から熱望していたプロムスへの道をまた一歩進んだ感があります。
Kitaraで演奏してからミューザに来るPMFの皆さんは果たして親戚筋(おい)のホール、どのように感じられますでしょうか。そして腕利き揃いのOEK、ミューザでガチのプログラムをどう聴かせてくれますやら。そんな特別参加団体だけが目玉じゃないよ、というのが記事の主眼です。どれも見どころ聴きどころのあるコンサートが並んでいますので、ぜひこの夏はミューザ川崎シンフォニーホールで!という川崎市民からの熱いオススメです(笑)。

※新日本フィルハーモニー交響楽団は今回、ワールド・ドリーム・オーケストラ(WDO)としての特別参加

****************

約三週間の夏祭り、ホールに住んですべてのコンサートが聴けたらさぞや充実することでしょう(註・移動しなくてよかったら涼しいだろうなあ、という意味ですよ)。なお現在、チケットは友の会会員の皆様の先行受付中、一回券の一般発売は4/22からです。詳しくはリンク先にてご確認くださいませ。

ではまた、ごきげんよう。

2017年4月18日火曜日

4/19(20)、29 「読響シンフォニックライブ」放送

こんにちは。千葉です。
恒例の番組の放送予定です。

●読響シンフォニックライブ 4月

日本テレビ:2017年4月19日(水) 26:34~(20日(木) 午前2:34~)
BS日テレ:2017年4月29日(土) 7:00~

番組司会:松井咲子

指揮:田中祐子(ストラヴィンスキー)/シルヴァン・カンブルラン(シューベルト/ウェーベルン)
管弦楽:読売日本交響楽団

曲目

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」(1947年版)
※2017年2月28日 ミューザ川崎シンフォニーホールにて収録

シューベルト/ウェーベルン:六つのドイツ舞曲
※2016年10月19日サントリーホールにて収録

変則的な20世紀音楽プログラム、ということになりますでしょうか。
前半は新進の女性指揮者として注目されつつある田中祐子が、ストラヴィンスキーの三大バレエ音楽から「ペトルーシュカ」を披露します。キレのいい2管編成版をどのように聴かせてくれますか。
後半はシルヴァン・カンブルランの指揮で、シューベルトの作品をヴェーベルンが編曲したものを。…これは余談なのですが、日曜(16日)には日本アルバン・ベルク協会の、月曜(17日)にはゲーテ・インスティトゥートのイヴェントでそれぞれカンブルランの話を聞いてきたばかりなのも何かのご縁というものでしょう。楽しく聴かせていただきます。

※なお、それらのイヴェントについては別途記事としてお出しする予定です。乞うご期待、と申し上げられる出来に仕上がりますように(笑)。

ではご案内はこれにて、ごきげんよう。

※追記。
番組を拝見して、これまでこの番組に感心してきた「作品をカットせずに放送する」美点に加えて「カメラがいいところを映している」というところを高く評価したく思います。「ペトルーシュカ」の大詰め、人形である彼の頭が壊されてしまうところをストラヴィンスキーは「地面にタンバリンを落とす」ことで描写しているのですが、そこをこの番組ほどきっちり見せてくれたのは、私には初めてのことでした。他にも、いつも感じる「音楽が盛り上がってから指揮者を映しても仕方ない」(盛り上がるように仕込みをするのが指揮者の仕事で、盛り上がっちゃったらあとはオケががんばります←嘘ではありません)「ソロのパートを間違いなく映す」(これとても大事)などの基本的な約束事が守られていて、見ている際にストレスを感じることがありません。素晴らしいことです。

そしてもう一つ付け加えましょう。「必要があるならば、拡大版として全曲を放送する」ことです。なんと次回も拡大版、メシアン晩年の大作「彼方の閃光」を全曲放送しますよ、とのこと。日本テレビでは5月18日放送予定とのことですが、詳しくは別途記事を用意します。この放送が、秋の「アッシジの聖フランチェスコ」につながるわけですね、力の入り方が違います…